離婚・男女問題

離婚は相談する相手が限られ、精神的な不安を抱えやすい問題です。

お子様がいる場合には、親権問題・養育費・面会交流に関する問題もありトラブルが複雑になりやすい傾向にあります。

男女間に関する問題も近年は増えてきております。お困りの方はご相談ください。

 

離婚のご相談料 45分・5,000円(税込)          電話受付 平日9:00~17:00

        ☎ 011-381-1911

1.離婚事件

 離婚をめぐる問題に関して、以下の様にお困りの方はご相談下さい。

 ・離婚したい考えているが、何から進めて良いのか分からない。

 ・離婚すると、どのような結果になるのか事前にイメージをもちたい。

 ・離婚したいけれど、離婚後の経済面に不安がある。

 ・離婚したくないが、相手方が強く請求してきて困っている。

弁護士費用

着手金
  • 交渉       27万5000円(税込)~
  • 調停・訴訟    33万円(税込)~        
報酬         
  • 基礎報酬金額              33万円(税込)
  • 基礎報酬額に以下のとおり加算                        請求する場合:相手方より得られた金額の 16.5%(税込)請求された場合:減額した金額の     16.5%(税込)

※このほか、裁判所へ支払う実費等、事案に応じ各種手数料が必要となります。

※調停・訴訟に移行した場合には、別途追加の着手金が生じます。

※婚姻費用分担請求・面会交流申立・子の監護に関する申立など、別途申立を行う場合には事案によって追加の着手金・報酬金が生じます(原則、それぞれ11万円(税込))。

※出廷回数が3回を超えた場合、4回目から出廷日当3万3000円を頂戴致します。


2.慰謝料請求事件

 慰謝料に関して、次のような場合にはご相談下さい。

 ・夫(妻)の不倫相手に慰謝料を請求したい。

 ・自分が不倫をしてしまい慰謝料請求されているが、請求されている金額が不当で困っている。

弁護士費用

着手金
  • 交渉             16万5000円(税込)~
  • 訴訟             22万円(税込)~      
報酬
  • 基礎報酬金額         22万円(税込)
  • 基礎報酬額に以下のとおり加算               請求する場合  得られた金額の 16.5%(税込)    請求された場合 減額した金額の 16.5%(税込)  

※別途裁判所に納める実費等が必要となります。

 


まずは、お電話にて相談のご予約をお願いいたします。

電話受付 平日9:00~17:00

☎ 011-381-1911